きゅうり 家庭菜園マメ知識

キュウリの実が曲がる!奇形果の原因は。。。

投稿日:2017年7月9日 更新日:

きゅうりの奇形果の原因とは・・・

今年で2年目になるキュウリの栽培。

去年はベト病で葉が枯れてしまい株の成長も途中で止まり、収穫もあまりできませんでした。

 

今年は去年とは打って変わりとても順調で早くも6~7本収穫でき、まだまだ収穫できそうな勢いです!

 

葉も健康的な葉が生い茂り元気いっぱいのように見えます。

ツルも去年の倍くらいにはなっています。

順調すぎてうれしいですね!

 

キュウリの収穫にはまったく問題ありませんが 気になるのは実が曲がっていたり実の先が細かったりする『奇形果』

キュウリの実が曲がっていたり、先が細くなっていても見た目が悪いだけで味は変わりませんが・・・

 

どうせなら奇形果ではなく真っすぐでキレイなキュウリを育てたい

そこでキュウリの実が曲がる、先が細くなる『奇形果』の原因について探ってみます。

 

キュウリの実が曲がる奇形果の原因

①水不足

夏の高温の時期に発生しやすく、土の乾燥により株が弱まりキュウリの実に影響を与え、キュウリが曲がったり先が細くなったりする。

②栄養不足

気温、地温の上昇により株が十分に栄養を取り入れられなくなり株が弱る。または肥料不足や着果過多なども原因となる。

③日光不足

天気による日照不足や葉の茂りすぎで日光不足になり樹勢が弱くなる。

 

奇形果を防ぐ対策

① 夏の高温乾燥期には十分な水やりを実施する。

キュウリは根が浅く乾燥に弱いので地植えでも雨が降らない日が続いたときは朝の気温が低い時間に十分に水を与える

 

② 収穫が始まったら2週間ごとに追肥を実施し、場合によっては速効性のある肥料を与える。

また実は早めに収穫し、収穫遅れになって株の樹勢が弱くならないように注意する。

 

③ 葉が必要以上に多いと日光不足になるので摘葉して光が当たるようにする。

枯れたり傷んでいる葉から取りのぞくがいっぺんに摘葉せずに1日2~3枚程度にする。

 

これで奇形果を防ぐ対策もバッチリですが。。。

 

いろんな形のきゅうりを収穫するのも家庭菜園の楽しみでもありますね!

-きゅうり, 家庭菜園マメ知識
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

苗の植え付けが始まる!

ようやく苗の植え付けが本格的に始まる! 2021年5月20日   今日は朝から晴れていてけっこう暑い。 最高気温も24℃で昨日よりも8℃も高くなる予報。 一気に夏のような暑さです。 &nbs …

小松菜とからし菜の間引きを実施!

小松菜とからし菜の間引きをしました! 2021年4月29日   今日は午後から下り坂の雨の予報。 ゴールデンウィーク明けの苗の植え付けに向けて今日は畝を2本立てました。 これで苗の植え付けの …

ミニキュウリが双葉に成長!

ミニキュウリ発芽から双葉になった! 2021年4月22日   今日は朝から天気がいいものの強風でスゴイ風。 庭のあちこちに置いているものが風で飛ばされそう。。。 最近は風が強い日が多いです。 …

はじめての秋ほうれん草の収穫

防虫ネットで秋ほうれん草をはじめて収穫 8/15日に種まきした秋まきほうれん草が収穫時期を迎えました。   >>秋まきほうれん草の種まき   種まきからの日数は38日。ほぼ予定通り …

オクラの苗の植え付け!昨年の失敗から成功を目指す!

今年もオクラの苗の植え付け開始!昨年の失敗から新たな対策! 2021年6月22日     最近はずっとイマイチのお天気でしたが今日は久しぶりに朝から晴れのいいお天気。 最高気温も2 …





2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930