家庭菜園マメ知識 菜園日誌

大葉とパセリの苗の植え付け!100均のゴミ箱製プランターで栽培に挑戦!

投稿日:2018年5月8日 更新日:

大葉とパセリのプランター栽培!プランターは100均のゴミ箱で挑戦!

2018年5月7日

大葉とパセリの苗の植え付け

 

ゴールデンウィークも終わりそろそろ家庭菜園も少しずつ苗の植え付けを開始!

いくら北海道といえどもさすがにもう雪は降らないはず。。。

(山間部ではゴールデンウィーク中も降雪があったらしいですが…)

 

ウチは平野部なので大丈夫!

一気にいろんな野菜苗の植え付けをやるとタイヘンなのでまずはプランターに植える苗からスタート!

 

とりあえず今回は大葉とパセリ。

 

大葉は昨年は大失敗で枯らしてしまったので今年は2苗で挑戦!

大葉、パセリとも苗の価格は税込み95円。

とりあえずふつうに成長して大きくなり収穫できれば苗代くらいはすぐに取り返せそう!

 

さて大葉とパセリを植えるプランターですが。。。

いちおう大葉とパセリ用で準備したプランターはウチには2つしかありません。

 

(注…一般的には丸いものが植木鉢、四角いものがプランターといいますが使い分けるのがタイヘンなので当ブログでは”プランター”で統一したいと思います)

このプランターの大きさが9号なんですが大きくなると値段も高くこれで1個400円ほどします。

(たまたま今回は処分価格で198円でしたが。。。)

プランターもたくさん買うと費用もバカになりません。

 

そこで目を付けたのが100均で購入したゴミ箱。

これが9号のプランターとほぼ同じ大きさで100円という嬉しい価格。

ただこのままでは底に穴がないのでプランター内の水分が抜けずに根腐れの原因となるので底に穴を開けることにしました。

穴の大きさは小さいと詰まりやすくなるので直径1センチの穴を開けることにしました。

10ミリのドリルを使い穴を開けました。

樹脂製なので簡単に穴を開けることができます!

 

これで100均のゴミ箱製のプランターの完成!

これでうまくいけば儲けものです。

これでパセリ、大葉の苗の植え付け前の準備は万端。

さっそく苗をプランターに植え付けていきます。

まずはプランターに土を入れ、苗を植えた時の土の高さがプランターのウォータースペースと同じくらいになるように土をプランターに入れます。

土の高さを調整したら苗をビニールポットから取り出しプランターの真ん中に置き、苗の周りに土を入れて完成です。

 

 

100均のゴミ箱製プランター(左)と普通のプランター(右)。。。ほとんど同じ大きさです。

 

100均のゴミ箱製プランターでもうまく育ち収穫できるのか!?

この大葉の2株の成長を比較しながら見ていきたいと思います。

今後の大葉の成長が見ものですね!

 

パセリに比べ寒さに弱い大葉には風よけを設置し大葉の株が弱らないようにしました。

あとは雨の当たらない軒下に置き、プランター内の水の調整はコチラで土の状態を見ながら調整できるようにしました。

昨年は枯らしているだけに慎重に育てていきたいと思います。

 

つづき

大葉とパセリのプランター栽培②

>>植え付けから約1か月のようすは…

 

大葉とパセリのプランター栽培③

>>100均のゴミ箱で作ったプランターでの栽培の結果は…?

 

-家庭菜園マメ知識, 菜園日誌
-, ,

執筆者:

関連記事

オクラの種を水に浸けると発芽日数が早くなる?意外な結果は?

目次1 オクラの種を水に浸すと発芽日数が早くなるのか?2 オクラの種まき実験スタート!3 オクラの種まき実験!一番最初に発芽したのは?4 オクラの種は水に浸けると発芽が早くなるか?結果は。。。 オクラ …

土作りから始まった夏ニンジンの収穫

夏ニンジンの収穫開始 ニンジンの種まきからの日数が82日を迎え収穫時期になりました。   >>夏ニンジンの種まき >>夏ニンジンの種まきから50日!   大きく葉が茂ったニンジンか …

家庭菜園の土作り!野菜作りのための良い土の条件とは?

目次1 家庭菜園の土作り!野菜作りに良い土の条件とは?1.1 ①通気性が良い土1.2 ②排水性が良い土1.3 ③保水性が良い土 家庭菜園の土作り!野菜作りに良い土の条件とは? 家庭菜園で野菜を作る! …

2020年大失敗のオクラ栽培!原因は。。。?

目次1 今年のオクラ栽培は大失敗!原因を検証!2 2020年のオクラ栽培は苗作りからスタート!3 オクラ苗の植え付け時期の失敗4 地温が低いことによるオクラ栽培の失敗 今年のオクラ栽培は大失敗!原因を …

小松菜の栽培 はじまる!2018年の畑での第1作は収穫までの時期が短い小松菜栽培!

2018年の家庭菜園の畑の第1作は小松菜栽培に。。。 今年は雪解けが遅く畑での野菜作りが例年より1週間遅れてしまいました。   毎年、畑での野菜作りの第1号はほうれん草からスタートしていまし …





2022年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031