害虫と益虫 小松菜 菜園日誌

小松菜のプランター栽培は2回目の間引き!

投稿日:2018年5月7日 更新日:

少し遅め。。。?小松菜のプランター栽培2回目の間引き!

2018年の先陣を切って家庭菜園での野菜の栽培がスタートした小松菜のプランター栽培。

まだまだ寒い北海道、とりあえず小松菜のプランター栽培はビニール温室で育てています。

 

 

2018年4月27日(種まき後 13日目)

 

 

2018年4月30日(種まき後 16日目)

ここ3日間で一気に本葉が増えました。

温かいので成長が早いです。

 

 

2018年5月4日(種まき後 20日目)

日に日に大きくなりまた株同士が込み合ってきました。

そろそろ2回目の間引きの時期かな。

 

 

2018年5月6日(種まき後 22日目)

 

小松菜の葉がわっさりと茂っています。

ちょっと間引きのタイミング。。。遅かったかな…

大きくなりすぎて隣同士の株が密集しすぎると間引きがしづらいですね。

 

間引き前

 

 

間引き後

一気にスッキリしました。

ちょっと間引きしすぎたか。。。汗

 

これで間引きは最後、あとは大株になってくれることを期待して収穫まで待ちます。

 

間引きした小さい小松菜は。。。

もったいないのでお味噌汁にでも入れて食べようかなぁ🎵

2018年の小松菜の初収穫です!!

 

間引き後 小松菜をよく見てみると、ビニール温室に入れてビニールに覆われていたはずなのに、けっこう大きな虫喰いの跡が…

周りをみても害虫はなし。

原因の害虫が分かりませんが。。。

とりあえず虫の卵が葉に産み付けられてなければ食べるには支障なし!

 

だいぶ温かくなってきたのでビニール温室から不織布カバーにお引越し。

不織布のカバーのすき間から害虫にやられないように念入りにカバーかけ。

ただ、ヤツらはすき間をぬって入ってくるんだよなぁ・・・毎年。

今年も家庭菜園にてんとう虫がやってきました。

ただ今回のてんとう虫は我が家庭菜園には初めてのお目見え。

めずらしい??てんとう虫。。。

 

わたしも初めて見ました。

赤い薄くぼやけた模様が2つ。

 

アカボシテントウという種類のてんとう虫みたいです。

カイガラムシを食べる益虫らしい。

光沢のある黒い羽根に赤が映えるきれいなてんとう虫。

 

家庭菜園はこういう新たな発見ができるのも、大きな魅力ですね!

 

 

>>①2018年の家庭菜園のスタートは小松菜のプランター栽培から。。。

 

>>③小松菜のプランター栽培、収穫開始!!

>>④プランターの小松菜栽培は36日間で完全収穫!

-害虫と益虫, 小松菜, 菜園日誌
-, ,

執筆者:

関連記事

2020年の家庭菜園畑でのピーマン栽培の記録

2020年のピーマン栽培の記録 2020年5月28日 ピーマンの苗の植え付け   2020年のピーマン栽培は5/28に畑に苗の植え付けをしました。 2年前の2018年のピーマン苗の植え付け日 …

コマツナ 種まき後5日目 

キングホウレンソウのぜんめつ跡地にコマツナを 4月27日に種を撒きました。 今日で5日目! 芽が出そろいました!! さすがコマツナ。 ホウレンソウよりも芽が出るのが早いっ!

ツルなしモロッコインゲンを育ててツルありとの違いを考える!

 今年は ”ツルなし” モロッコインゲンの栽培 いままではモロッコインゲンといえば ”ツルあり” のモロッコインゲンを毎年育てていましたが、今年は初めて ”ツルなし” のモロッコインゲンの栽培に挑戦す …

スイカの育て方|雨のあとのスイカの人工授粉!着果なるか。。。!?

スイカの人工授粉は成功するか?スイカの人工授粉の仕方! 2018年の大玉スイカの栽培は順調。 昨年は前半でアブラムシが大量発生し枯れかけてしまいましたが今年はアブラムシの発生もなくツルが伸びています。 …

小松菜の栽培は中盤へ!間引き菜を収穫!

小松菜の栽培は2回目の間引き!間引き菜を収穫! 北海道もだいぶ温かい日も多くなり野菜たちの生育もスピードアップしてきました。 プランター栽培の小松菜に比べると、畑作の小松菜の成長は早いです! &nbs …





2021年2月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728