家庭菜園マメ知識 菜園日誌

ピーマンにアリ発見。。。アブラムシ発生か?

投稿日:2017年6月14日 更新日:

家庭菜園の大敵。。。アリが来ると現れる害虫とは。。。?

5月21日に定植し24日目を迎えたピーマン。

気温がなかなか上がってこないので寒さによわいピーマンは成長が遅くなっています。

いつもなら花が咲いてもおかしくない時期なんですが。。。

 

朝の巡回でピーマンのようすを見てみると1匹のアリが。。。

アリとアブラムシは共生関係。

アリはアブラムシを植物まで運んできて、そこでアブラムシが植物の汁を吸い甘い分泌物を出します。

アブラムシのその甘い分泌物がアリのエサとなるのです。

 

ゆえに アリが植物にくると必ずと言っていいほどアブラムシがつきます

 

ピーマンはうちの家庭菜園のなかでも一番アブラムシのつきやすい野菜なので要チェックです。

 

さっそくアブラムシのつきやすい新芽と葉の裏側を点検します。

いまのところまだアブラムシはついていないようす。

とりあえずはひと安心ですが、アリがうろついているところを見ると、近いうちにアブラムシがつきそうですね。。。

 

共生関係のアリとアブラムシへの対策!

ここでわが家のアブラムシ対策。

まず予防策として酢をうすめた水をスプレーに入れて散布します。

酢の濃度は10%くらいにしています。

いつもは週に1回程度散布していますが、アリがついている状態なのでピーマンは頻度をあげて散布します。

わが家では10%の酢のスプレーで株が枯れたりしたことはありませんが散布のしすぎには注意が必要かもしれません。

 

わたしは実践したことはありませんが牛乳のスプレーでもアブラムシの駆除に効果があるらしく、アブラムシが呼吸できずに死んでしまうそうです。

 

それ以外では家庭菜園でもつかえるようなアブラムシ駆除の農薬もありますが、できればせっかくの家庭菜園、農薬はあまりつかいたくありません。

 

また、農薬はテントウムシなどの益虫にも害を与えてしまうので使用するときは注意が必要です。

 

うちではアブラムシがつきはじめたら、もう全滅させる対策はありません。

ただ数を減らす、増殖を抑える対策として水スプレーでアブラムシを吹き飛ばしたり、粘着テープで捕獲したりしています。

 

農薬を使わない一番の効果的なアブラムシ対策はテントウムシを捕獲してきてアブラムシのついている株に放すことですね。

 

今まででこれが一番アブラムシを減らす効果がありました。

テントウムシがそこで卵を産み、テントウムシが住み着けば一気にアブラムシは少なくなっていきます。

 

また、うちの家庭菜園でもテントウムシを捕獲してきて放虫する季節の始まりです!

-家庭菜園マメ知識, 菜園日誌
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

秋のホウレンソウ栽培と害虫被害

秋のホウレンソウ栽培はナメクジに注意! 秋のホウレンソウ栽培は8/15に種まきをして育てていました。 栽培期間は8/15~9/27までの44日間となりました。 防虫ネットを掛けての栽培で見た目には立派 …

からし菜栽培は収穫期!害虫対策で購入した100均の不織布は使えるか。。。!?

からし菜栽培は順調に収穫開始!不織布カバーでハモグリバエの被害なし! 今年のからし菜は種まき時から不織布のカバーで防虫対策。 昨年はハモグリバエにやられてあまり収穫できなかったので今年は始めから気合が …

ミニトマトのレジナとレッドの苗の植え付け!室内で育てます!

目次1  種まきから32日目!ミニトマトの苗の植え付け1.1 ミニトマト1.2 ミニキュウリ1.3 小松菜1.4 ほうれん草1.5 モロッコインゲン1.6 ネモフィラ  種まきから32日目!ミニトマト …

葉ネギのプランター栽培!今年こそ害虫に負けないように収穫を目指します!!

葉ネギのプランター栽培開始! 防虫対策も万全! 2018年もプランターでの葉ネギの栽培に挑戦! 今年は。。。 『万能葉ネギ』 発芽しないと困るので古い葉ネギの種を捨てて新しい種を購入!   …

no image

ホウレンソウ種まき後 10日目

ホウレンソウ種まき後 10日目。 サンライトほうれん草とキングほうれん草の 2種類の種まきをしましたが 発芽に差がでました。   サンライトほうれん草は3~4割程度発芽 しましたがキングほう …





2022年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031