家庭菜園マメ知識 菜園日誌

ピーマンにアリ発見。。。アブラムシ発生か?

投稿日:2017年6月14日 更新日:

家庭菜園の大敵。。。アリが来ると現れる害虫は・・・?

5月21日に定植し24日目を迎えたピーマン、気温がなかなか上がってこないので寒さによわいピーマンは成長が遅くなっています。いつもなら花が咲いてもおかしくない時期なんですが。。。

 

朝の巡回でピーマンのようすを見てみると1匹のアリが。。。

アリとアブラムシは共生関係。

アリはアブラムシを植物まで運んできて、そこでアブラムシが植物の汁を吸い甘い分泌物を出します。

その甘い分泌物がアリのエサとなるのです。

ゆえに アリが植物にくると必ずと言っていいほどアブラムシがつきます

ピーマンはうちの家庭菜園のなかでも一番アブラムシのつきやすい野菜なので要チェックです。

 

アブラムシのつきやすい新芽と葉の裏側を点検。いまのところまだアブラムシはついていないようす。

とりあえずはひと安心ですが、近いうちにつきそうですね。。。

ここでわが家のアブラムシ対策。まず予防策として酢をうすめた水をスプレーに入れて散布します。

酢の濃度は10%くらいにしています。

いつもは週に1回程度散布していますが、アリがついている状態なのでピーマンは頻度をあげて散布します。

わが家では10%の酢のスプレーで株が枯れたりしたことはありませんが散布のしすぎには注意が必要かもしれません。

 

わたしは実践したことはありませんが牛乳のスプレーでもアブラムシの駆除に効果があるらしく、アブラムシが呼吸できずに死んでしまうそうです。

それ以外では家庭菜園でもつかえるようなアブラムシ駆除の農薬もありますが、できればせっかくの家庭菜園、農薬はあまりつかいたくありません。

また、農薬はテントウムシなどの益虫にも害を与えてしまうので使用するときは注意が必要です。

 

うちではアブラムシがつきはじめたら、もう全滅させる対策はありません。

ただ数を減らす、増殖を抑える対策として水で洗い流したりしてますが、効果は薄いです。

一番の効果的な対策はテントウムシを捕獲してきてアブラムシのついている株に放すこと。

 

今まででこれが一番効果がありました。

テントウムシがそこで卵を産み、テントウムシが住み着けば一気にアブラムシは少なくなっていきます。

また うちの家庭菜園でもテントウムシの捕獲の季節の始まりですね!

-家庭菜園マメ知識, 菜園日誌
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ミニトマトの栽培に異変。。。ミニトマトの芯止まり発生!

ミニトマトの芯止まりの予兆は 茎の割れから始まっていた! ミニトマトの栽培は初心者でも比較的カンタンでウチの家庭菜園でも毎年大きな問題もなく育ててきました。   しかし2018年のミニトマト …

2018年の家庭菜園のスタートは小松菜のプランター栽培から。。。

小松菜のプランター栽培はビニール温室でスタート! 今年 2018年の冬は寒かった。。。 マイナス20℃超えも記録し寒くキビシイ北海道の冬でした。 さらに3月の初めにはそれまでは少なかった雪がどっかりと …

長ネギのマルチ栽培。。。その後

土寄せのいらない長ネギのマルチ栽培 今年は長ネギのマルチ栽培に挑戦しました。   2017年 長ネギのマルチ栽培①   土寄せがいらない長ネギの育て方ということで手入れがラクそうな …

今までに作った野菜~ニンジン~

ニンジンはいままでに2回育てました。 ニンジンはセリ科の野菜で育て方は 春まきと夏まきがあります。 ウチではちょうどホウレンソウや コマツナの後作で夏まきで育てました。   土の準備はほかの …

オクラの栽培は苗作りからスタート!家庭菜園で自家製のオクラ苗作りに挑戦!

オクラ栽培は種から育てる!オクラの苗作り開始! 2018年のオクラ栽培は自家製のオクラ苗作りの開始!   ビニールポットに種まきからスタート。 ウチの家庭菜園では以前はオクラは苗を買ってきて …





2020年1月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031