ミニトマト 家庭菜園マメ知識 小松菜 菜園日誌

ミニトマトの葉が巻きあがる原因は。。。

投稿日:2017年7月7日 更新日:

小松菜の種まきのその後。。。

7/2に種まきをした小松菜が発芽しました。

防虫ネットの外側からの撮影なので少し見えづらいとは思いますが、少し小さめのような気がします。

この前のまとまった雨のせいなのか、暑さのせいなのか。。。わたしの気のせいなのか。。。

この時期に小松菜を育てるのが初めてなので今後の成長が楽しみです。

うまくいけば夏のこの時期に育てる野菜が一つ増えるのでなんとか成功させたいですね!

ミニトマトの葉が巻きあがる原因は。。。

ミニトマトが順調に生育していましたがいつのまにか葉がくるくると巻き上がった状態に変化していました。

葉が巻きあがる原因をいろいろ考えていましたが、おそらく追肥でまいた化成肥料8-8-8が一気に効きすぎたのが原因だと分析しました。

 

ミニトマトの追肥は6月21日にしましたが、それから水やりは一切してなくて、ミニトマトは乾燥気味に育てないと実割れなどが起きるので自然の雨にまかせていました。

 

追肥をしてからは雨もほとんど降らずに経過し、まとまった雨が降ったのが、ついこのあいだのことでその時に一気に化成肥料が溶けだしてミニトマトの葉に影響を与えたと考えます。

 

よくよく考えれば毎年のように生育の途中でミニトマトの葉が巻いてしまうことがありました。

いつも追肥で与えてる肥料は化成肥料で窒素8%、リン酸8%、カリウム8%の成分のものを与えていました。

 

窒素は植物の葉の成長に、リン酸は植物の果実に、カリウムは植物の根の成長に影響を与えるのですがミニトマトの葉が巻くというのは窒素成分の効きすぎで起こるようです。

 

窒素成分の過多の影響が強いので次回、来年からはミニトマトの追肥の肥料成分を考えたいと思います。

果実の成長を促すためリン酸成分が多めで、葉が巻くことが無いように窒素成分が少なめのものを選んでみたいと思います。

 

見た目も病気になったかのようなかんじで良くないので来年からは気を付けたいですね!

 

ミニトマトの葉が巻かないようにする対策

・追肥は少しずつ与え大雨で一気に溶け出すことが無いようにし、水やりも天候を見ながら工夫する

・いままで追肥に使用していた化成肥料(8-8-8)は使用せず、窒素成分(N)が少なめ、リン酸成分(P)が多めの肥料を使用する

-ミニトマト, 家庭菜園マメ知識, 小松菜, 菜園日誌
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

害虫対策に課題。。。からし菜栽培はコナガの被害が拡大!

コナガの害虫被害が止まらない。。。からし菜栽培 2018年は4月30日からはじまったからし菜の栽培。 少しずつ葉を収穫しながら育てていました。 昨年よりもたくさん収穫できてわりと満足できるからし菜栽培 …

春まきほうれん草の栽培は間引き菜の収穫へ!一部の幼苗は立ち枯病が発生か!?

春まきほうれん草の栽培は29日目で間引き菜の収穫!   2018年5月15日(種まき後16日目) まだまだ双葉のほうれん草。 種まきから16日目をむかえていますが収穫まではまだまだといった感 …

順調に見えたカラシ菜栽培に異変!害虫対策のむずかしさ。。。

からし菜の栽培は順調に収穫!しかしひそかに害虫の影が。。。 2018年のからし菜栽培。 毎年、ハモグリバエ、コナガなどの害虫にやられてうまく収穫できなかった からし菜栽培でしたが今年は種まき当初から不 …

結実したスイカの実を守る役立ちアイテム!

スイカ栽培の役立ちアイテム スイカが無事に受粉し果実が大きくなってきています。 受粉してから約2週間がたちました。 いまのところ順調に大きくなっていますが、スイカの果実が育っていく途中で腐ってしまうこ …

コマツナの収穫と害虫対策を考える

コマツナの防虫対策の重要性 6月1日にコマツナ①の収穫を無事に終了しました。 栽培日数は36日間(4/27~6/1)となりました。 36日間の天候は晴れが21日、曇りが11日、雨が4日と天候には恵まれ …





2020年12月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031