野菜の育て方

パセリの育て方

投稿日:

パセリの育て方|パセリの特徴

パセリはセリ科の野菜です。

セリ科の野菜は他にニンジン、ミツバなどがあります。

 

パセリの原産はヨーロッパ地中海沿岸が原産地で日本にはオランダから伝わってきました。

 

パセリの主な栄養分はベータカロチン、ビタミンC、ビタミンKが多く含まれています。

ミネラルは鉄分、カリウムが豊富に含まれ、そのほかにもアピオールという香り成分が含まれているのが特徴で食欲増進や疲労回復に効果があると言われています。

 

どちらかといえば料理の飾りとして使われることの多いパセリですが栄養面では他の野菜にひけを取らず豊富に含まれているのでぜひすすんで食べてみたいですね。

 

パセリの育て方|畑の準備

パセリは畑で育てるとすごく大きく育ちます。

しかも病気や害虫にも強いのでとても育てやすい野菜です。

 

ウチの場合は畑が狭いこともあり、毎年プランターで育てていますがプランターでも十分に大きく育てることができます。

 

パセリ栽培はプランター栽培がオススメです。

 

100均ゴミ箱製プランターでの栽培の結果は…?

 

パセリは種からでも苗からでも育てることができますが、種から育てると収穫までの時間がかかりすぎるため苗を購入してきて育てる方が良いでしょう。

 

培養土をプランターに入れパセリの苗を植え付けます。

 

市販の培養土だとだいたい肥料成分が含まれているのでそのまま使えます。

肥料成分が入っていない培養土の場合は化成肥料を少し混ぜて土作りをします。

 

パセリは寒さに強いので春先の早い時期から育てることができます

パセリの育て方|収穫までの管理

パセリがプランターの土に根付くまではしっかりと水を与えます。

プランターにパセリが根付いた後は土の過湿に気をつけながら育てていきます。

 

月に2回ほど株元に10gほど化成肥料を与えてあげれば寒くなるまで収穫することができます。

パセリの生長と共に外の葉から順に収穫していきましょう。

 

パセリは寒さに強い野菜なので冬になる直前まで収穫できます。

 

病気になることもあまりなく、害虫もどちらかと言えばつきにくい野菜です。

パセリによくつく害虫にはキアゲハの幼虫がいますが、見つけやすいのですぐに駆除することが可能です。

ただ害虫と言ってもきれいな蝶、キアゲハの幼虫なのでそのまま育ててあげてうまく成虫まで育ててあげればまた違う楽しみを感じることができます。

パセリの育て方のまとめ

科目:セリ科

栽培難易度:かんたん

栽培適温:15~20℃

日当たり:半日陰

水やり:ふつう

-野菜の育て方
-

執筆者:

関連記事

キュウリの育て方

目次1 キュウリの育て方|キュウリの特徴2 キュウリの育て方|畑の準備と苗の植え付け3 キュウリの育て方|収穫までの管理4 キュウリ栽培のまとめ キュウリの育て方|キュウリの特徴 キュウリはウリ科の野 …

北海道でのオクラ栽培!成功のコツ!

目次1 オクラの育て方|オクラの特徴2 オクラの育て方|畑の準備と種まきから苗作り3 オクラの育て方|寒さ対策4 オクラの育て方|収穫までの管理5 オクラ栽培のまとめ オクラの育て方|オクラの特徴 オ …

ピーマンの育て方

目次1 ピーマンの育て方|ピーマンの特徴2 ピーマンの育て方|畑の準備と苗の植え付け3 ピーマンの育て方|収穫までの管理4 ピーマン栽培のまとめ ピーマンの育て方|ピーマンの特徴 ピーマンはナス科の野 …

ほうれん草の育て方

目次1 ほうれん草の育て方|ほうれん草の特徴2 ほうれん草の育て方|畑の準備3 ほうれん草の育て方|収穫までの管理4 ほうれん草の育て方のまとめ ほうれん草の育て方|ほうれん草の特徴 ほうれん草はヒユ …

ミニトマトの育て方

目次1 ミニトマトの育て方|ミニトマトの特徴2 ミニトマトの育て方|畑の準備と苗の植え付け3 ミニトマトの育て方|収穫までの管理4 ミニトマト栽培のまとめ ミニトマトの育て方|ミニトマトの特徴 ミニト …





2021年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930