ミニトマト 家庭菜園マメ知識 小松菜 菜園日誌

ミニトマトの葉が巻きあがる原因は。。。

投稿日:2017年7月7日 更新日:

小松菜の種まきのその後。。。

7/2に種まきをした小松菜が発芽しました。

防虫ネットの外側からの撮影なので少し見えづらいとは思いますが、少し小さめのような気がします。

この前のまとまった雨のせいなのか、暑さのせいなのか。。。わたしの気のせいなのか。。。

この時期に小松菜を育てるのが初めてなので今後の成長が楽しみです。

うまくいけば夏のこの時期に育てる野菜が一つ増えるのでなんとか成功させたいですね!

ミニトマトの葉が巻きあがる原因は。。。

ミニトマトが順調に生育していましたがいつのまにか葉がくるくると巻き上がった状態に変化していました。

葉が巻きあがる原因をいろいろ考えていましたが、おそらく追肥でまいた化成肥料8-8-8が一気に効きすぎたのが原因だと分析しました。

 

ミニトマトの追肥は6月21日にしましたが、それから水やりは一切してなくて、ミニトマトは乾燥気味に育てないと実割れなどが起きるので自然の雨にまかせていました。

 

追肥をしてからは雨もほとんど降らずに経過し、まとまった雨が降ったのが、ついこのあいだのことでその時に一気に化成肥料が溶けだしてミニトマトの葉に影響を与えたと考えます。

 

よくよく考えれば毎年のように生育の途中でミニトマトの葉が巻いてしまうことがありました。

いつも追肥で与えてる肥料は化成肥料で窒素8%、リン酸8%、カリウム8%の成分のものを与えていました。

 

窒素は植物の葉の成長に、リン酸は植物の果実に、カリウムは植物の根の成長に影響を与えるのですがミニトマトの葉が巻くというのは窒素成分の効きすぎで起こるようです。

 

窒素成分の過多の影響が強いので次回、来年からはミニトマトの追肥の肥料成分を考えたいと思います。

果実の成長を促すためリン酸成分が多めで、葉が巻くことが無いように窒素成分が少なめのものを選んでみたいと思います。

 

見た目も病気になったかのようなかんじで良くないので来年からは気を付けたいですね!

 

ミニトマトの葉が巻かないようにする対策

・追肥は少しずつ与え大雨で一気に溶け出すことが無いようにし、水やりも天候を見ながら工夫する

・いままで追肥に使用していた化成肥料(8-8-8)は使用せず、窒素成分(N)が少なめ、リン酸成分(P)が多めの肥料を使用する

-ミニトマト, 家庭菜園マメ知識, 小松菜, 菜園日誌
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018年の家庭菜園のスタートは小松菜のプランター栽培から。。。

小松菜のプランター栽培はビニール温室でスタート! 今年 2018年の冬は寒かった。。。 マイナス20℃超えも記録し寒くキビシイ北海道の冬でした。 さらに3月の初めにはそれまでは少なかった雪がどっかりと …

春まきほうれん草の収穫!防虫対策が功を奏し大株の収穫へ

春まきほうれん草の栽培は収穫期へ突入! 春まきほうれん草が不織布の中でぐんぐんと成長! いよいよ収穫の時期に入ってきました。 4月29日から始まった春まきほうれん草の栽培は、ここ数年のほうれん草栽培で …

家庭菜園での人参の育て方!人参栽培は『種まき~発芽』が重要!

2018年の人参栽培!種まき~発芽まで 2018年の人参栽培のスタートは6/28から始まりました。 毎年、人参栽培で苦労するのは発芽! なかなか発芽がそろわないです。。。 どうしても発芽がまばらになっ …

小松菜2回目の栽培は害虫対策が大成功!

虫のいない小松菜の収穫 今日は朝から曇りがちの1日で夕方からは雨でした。 明日からは当分晴れの天気予報なのでとりあえずスッキリしない天気は今日までで終わり…だとうれしいが。。。 これからは家庭菜園の野 …

からし菜のプランター栽培!防虫対策はしっかりと。。。

からし菜のプランター栽培 2018!今年こそ害虫から からし菜を守る! 今年もプランターで栽培する からし菜。 畑のほうが手狭なのでからし菜はいつもプランターで栽培しています。   からし菜 …





2019年12月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031