家庭菜園マメ知識 小松菜 菜園日誌

小松菜を間引きしないで育ててみました!

投稿日:2017年8月17日 更新日:

家庭菜園での間引きの重要性!

家庭菜園で野菜を育てていく中ではいろいろな作業があります。

支柱を立てたり、不織布のトンネルで野菜の苗を覆ってみたり、追肥、芽かき、摘心などなど数え上げればキリがありません。

今日はそのうちの1つ、『間引き』について考えたいと思います。

 

私が家庭菜園を始めた頃の間引きについての感想は。。。

 

「なんだかせっかく芽が出て育っているのに、抜いてしまうなんて、もったいないなぁ。」

。。。と内心はそんな気持ちでした。

 

ただ、そんな気持ちを抱きながらも、買ってきた家庭菜園の本にならい、間引きの作業をしていました。

 

間引きというのはほんとに神経を使う作業で、特に1回目の間引きの時などはピンセットでゆっくりと丁寧に抜かないと周りの残そうと思っている芽まで抜けてしまうのでタイヘンです。

 

そうやって間引きの作業をしてる中。。。

「どうせ間引きするなら始めから間隔をあけて種を蒔けばいいんじゃないか・・・」

。。。とも考えるようになりました。

 

しかし始めから間隔をあけて種を蒔くというやり方はリスクが大きく、例えば発芽率の悪い種では発芽がそろわなくなることもあります。

畑に発芽しない箇所が多くなると野菜の株がまばらになってしまい畑がスキマだらけになり、野菜の収穫の減少につながります。

 

また種まきの間隔が広いと発芽苗1本当たりの土を押し上げる力もかなり必要になるのでうまく芽が育たなかったり、また成長までの期間が長くなることにもなり、多く種を蒔いたほうがたくさんの芽が土を押しのけるので成長も早くなります。

小松菜を間引きしないで育ててみました!

今回、わたしの家庭菜園では小松菜を 間引きなし で育ててみました。

 

めんどくさい!?。。。訳ではありません。

 

実験的な感じで、どういう風に小松菜が育っていくのかを見て体験し、今後の小松菜の栽培に生かすためです。

小松菜は防虫ネットを掛けて育てていました。

防虫ネットを掛けてた割りに虫食いが多いのは今回は置いておいて。。。

 

小松菜の収穫前の見た目はふつうに間引きをして育てた小松菜とそれほど変わりなく見えます。

 

しかし今回育てて収穫した小松菜をじっくりと見てみると 少し茎の部分がヒョロ長く葉が小さい感じです。

 

さらにすみずみまで調べていくと。。。

内部には蒸れてしおれたり、枯れたりしている小さな小松菜がたくさんありました。

 

小松菜の株が混みあって育ってしまい 風通しが悪くなったのが原因 のようです。

 

そのほかではウチの小松菜にはめずらしくアブラムシがついているのも見られ、これも 風通しが悪かったのが原因 だと思われます。

 

小松菜の間引きをしなかった結果のまとめ

①小松菜の株の風通しが悪くなり、害虫の発生や病気の発生につながった

 

②小松菜の株が徒長気味になり、質の良い小松菜に育ちにくかった

 

やはり野菜を育てる時は種を多めに蒔き、生長を見ながらその都度間引きをし、育てるのが 良い野菜づくり につながると思います。

 

やはり 家庭菜園での野菜作りには『間引き』という作業は重要 ですね!

関連

畑での小松菜栽培を開始 !

小松菜をプランターで育てる!

 

-家庭菜園マメ知識, 小松菜, 菜園日誌
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

からし菜栽培は収穫期!害虫対策で購入した100均の不織布は使えるか。。。!?

からし菜栽培は順調に収穫開始!不織布カバーでハモグリバエの被害なし! 今年のからし菜は種まき時から不織布のカバーで防虫対策。 昨年はハモグリバエにやられてあまり収穫できなかったので今年は始めから気合が …

オクラの苗の植え付けは順調。。。だったはずがアブラムシが大量発生!

オクラの苗の植え付け! 今年の自家製苗はビニール温室のおかげで完ぺきな出来! 今年からビニール温室で苗作りが始まったオクラ栽培。   オクラの苗は朝晩はビニール温室のなかで。。。 気温が上が …

からし菜のプランター栽培!防虫対策はしっかりと。。。

からし菜のプランター栽培 2018!今年こそ害虫から からし菜を守る! 今年もプランターで栽培する からし菜。 畑のほうが手狭なのでからし菜はいつもプランターで栽培しています。   からし菜 …

春まき ほうれん草の栽培 2018。。。種まきから発芽まで。

例年より遅めの春まきほうれん草の種まき。とう立ちが心配! 昨年の春まきほうれん草は4/14と4/26の2回種まきをし栽培を開始しましたが、今年2018年は3月の始めに降った大雪の影響で雪解けが遅れ、春 …

追肥のタイミングと重要性!

忘れずに追肥をしよう! きょうはキュウリ、ナス、ミニトマト、スイカ、ピーマンなどの苗が植え付けから約1ヶ月たったので追肥をしました。 ピーマン 苗 ピーマンはちょうど一番花のところからわき芽が出てきて …





2020年4月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930