スイカ 菜園日誌

スイカの育て方|雨のあとのスイカの人工授粉!着果なるか。。。!?

投稿日:2018年7月24日 更新日:

スイカの人工授粉は成功するか?スイカの人工授粉の仕方!

2018年の大玉スイカの栽培は順調。

昨年は前半でアブラムシが大量発生し枯れかけてしまいましたが今年はアブラムシの発生もなくツルが伸びています。

ただ天候のほうが梅雨のような天気が続き日照不足が続いています。

雨も多く成長は少し遅れ気味です。

 

  2018年のスイカ栽培 前回の記事

2018年スイカ栽培①|スイカ栽培スタート!

 

 

2018年6月29日

スイカの苗の植え付け後40日目

天候不順による多雨と日照不足で成長はやや鈍化しているものの子ヅルは伸びてきています。

まだまだ寒い日が続いているのが少し心配です。

 

 

2018年7月8日

スイカの苗の植え付け後49日目

スイカの苗の植え付けから49日目を迎えました。

今日はなんと子ヅルに4つも雌花が咲きました!

これは人工授粉のチャンス!

すこし心配なのは雨上がりで雄花の花粉が流れていないかということだけ。。。

 

ただこのまま4つの雌花を黙って見過ごすわけにはいかない。。。

人工授粉させるには願ってもないチャンス!

 

とりあえず雄花を切り取って花びらを切り取り各雌花に授粉を開始!

 

朝の早い時間に授粉する方が着果しやすいようです。

 

人工授粉を終えた雌花には収穫時の目安にするため人工授粉をした日付を書いたものを分かりやすいように雌花付近に取り付けておきます。

 

昨年は遅くなった人工授粉。。。今年こそ早くに着果させてお盆には大きなスイカを食べたいですねぇ。

2018年7月19日

スイカの苗の植え付けから60日目

 

 

約10日前に人工授粉をしたスイカでしたが。。。

4つの雌花に人工授粉したもののだんだんと雌花のふくらみに黒い部分が広がってきました。

残念ながら人工授粉は失敗に終わった感じです。。。残念!

 

 

2018年7月21日

スイカの苗の植え付けから21日目

根元に近いツルが茶色く変色し周辺の葉も茶色く枯れてきています。

ツル枯病の発生かもしれません。。。

周辺の枯れてきている葉を切り取って廃棄処分にします。

 

畑に切り取った葉などの残渣を残すと土が菌に汚染され何年も影響が残る可能性もあるので畑に残さないように処分します。

 

前回の人工授粉は失敗に終わり、次回の人工授粉の機会を待っていますがなかなか雌花が咲かずにヤキモキしています。

昨年と同じような状況になってきました。(泣)

 

うまく人工授粉できたとしても今年もスイカの収穫は9月に入ってからになりそうです。。。

 

2018年スイカ栽培③|今年も収穫なるか!?  へ続く。

 

 

-スイカ, 菜園日誌
-,

執筆者:

関連記事

小松菜のプランター栽培は2回目の間引き!

少し遅め。。。?小松菜のプランター栽培2回目の間引き! 2018年の先陣を切って家庭菜園での野菜の栽培がスタートした小松菜のプランター栽培。 まだまだ寒い北海道、とりあえず小松菜のプランター栽培はビニ …

ミニトマトの栽培に異変。。。ミニトマトの芯止まり発生!

ミニトマトの芯止まりの予兆は 茎の割れから始まっていた! ミニトマトの栽培は初心者でも比較的カンタンでウチの家庭菜園でも毎年大きな問題もなく育ててきました。   しかし2018年のミニトマト …

モロッコインゲンのカンタンな育て方!支柱立て以外は手間いらず!

つるありモロッコインゲンを育てよう! ツルありモロッコインゲンの栽培は支柱立てには多少手間がかかるものの支柱さえ立ててしまえば育てるのは簡単です。 モロッコインゲンは病気も少なく、手間もほとんどいらな …

カラシナ・葉ネギの発芽

カラシナ・葉ネギの種まきから発芽まで 5月6日にプランターに種まきした葉ネギとカラシナが無事に発芽しました。 カラシナは発芽がいちばん早く、出そろったところでさっそく間引きを実施しました。 間引き前( …

ホウレンソウ② 13日目 間引き

今日は朝から第2弾で植えたホウレンソウの間引きを実施。気持ちいいくらいに等間隔で発芽がそろいました。種がコーティングされていて等間隔で撒きやすいので 発芽後の間引きがしやすくて手間が省けます。 &nb …





2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930