害虫と益虫 家庭菜園マメ知識

コマツナの収穫と害虫対策を考える

投稿日:2017年6月2日 更新日:

コマツナの防虫対策の重要性

6月1日にコマツナ①の収穫を無事に終了しました。

栽培日数は36日間(4/27~6/1)となりました。

36日間の天候は晴れが21日、曇りが11日、雨が4日と天候には恵まれていました。

成長に関しては問題なく、うまく栽培できたと思います。

コマツナ

 

栽培の開始が春先ということで害虫対策は何もしていませんでした。

せっかくの家庭菜園なので防虫対策といえども、なるべくは農薬などは使いたくないですしねぇ・・・

しかし、栽培後期にいろいろな害虫が増え始めました。

収穫の際は葉の表も裏も害虫がいないか要チェックですね!

コマツナに付きやすい害虫は。。。

①モンシロチョウのタマゴ

モンシロチョウのタマゴ

 

モンシロチョウの幼虫であるアオムシはアブラナ科によくつく害虫です。

ほっておくと葉が食べつくされてしまうほど食欲旺盛です。

子供の頃は虫取り網で捕まえたり、育ててみたりと害虫というより親しみのある昆虫でしたが、家庭菜園をするようになると悲しいですが害虫という位置づけになってしまいます。

今回はコマツナの葉にタマゴが産み付けられていました。

よく見ないと見逃すところでした。。。

食べても体には害はないとは思いますができれば食べたくないですね。。。

 

②コナガのタマゴ

こちらは大量に産み付けるのですぐに見つけられると思います。

コナガはアブラナ科につく害虫で暑さに弱く春、秋に活発に活動。寒さには強く、暖かい地域では冬も成虫で過ごすこともあります。

こちらも食べたくはないのでしっかり確認したいところです。

コナガのタマゴ

 

 

③ハモグリバエの幼虫

ハモグリバエの成虫は葉の中に卵を産み付けます。

孵化したハモグリバエの幼虫は葉の中を食べながら移動していき、食べたあとの葉は白く薄くなります。

葉に絵を描いたように食害するためエカキムシとも呼ばれています。

ハモグリバエの害虫被害は見ればひと目で分かるので収穫の際は気を付けて取り除きたいですね!

ハモグリバエの幼虫

 

我が家の家庭菜園のコマツナもなんだかんだで気づけば3種類の害虫に侵されていました。。。汗

(これ以外にもキスジノミハムシという害虫にも少し葉を食害されていました。。。)

せっかく大きく育てても捨てる部分が多くなるし、取り除くといっても害虫をみると気持ちの良いものではないので。。。

 

コマツナを育てる時は防虫ネットなどのカバーで防虫対策をするのが良いと思います。

 

防虫ネットも目合い0.6mm以下でないとハモグリバエ、キスジノミハムシなどの害虫は防げないかもしれません。

 

ウチでもいままでコマツナは害虫対策なしで育てていましたが、次回のコマツナ栽培からは不織布でカバーをして防虫対策をして栽培してみようと思います!


【ポイント10倍】 防虫ネット 目合い 約0.6mm (巾)0.9m × (長さ)10m 【6/3 10:00 – 6/10 09:59 スマホからエントリーでP10倍】

-害虫と益虫, 家庭菜園マメ知識
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

モロッコインゲンの苗づくり

つるありモロッコインゲンの栽培は今年で3度目。ここ2年は直播きで育てていました。 今年はモロッコインゲンの栽培予定地で春まきホウレンソウを育てていたのでビニールポットで苗をつくっておくことにしました。 …

家庭菜園での種まきの失敗。。。野菜の種の発芽不良の原因は。。。?

家庭菜園の野菜の種の有効期限と寿命を考える! 2014年からスタートした家庭菜園生活ですが今年で4年目の野菜の栽培となりました。 4年目を迎えた2017年の家庭菜園を振り返ると、まず計画していたほうれ …

家庭菜園で育てる!ししとう!?のプランター栽培!

ししとうのプランター栽培!鉢底石で育ち方と収穫量は変わるか? 今年の家庭菜園のししとう栽培もプランターで育てる『ししとうのプランター栽培』。 今年は鉢底石の違いでししとうの収穫量が変わるのかを調べてみ …

早期発見!家庭菜園の害虫たち

コマツナにつく害虫 コマツナの栽培は今日で26日目。 順調に生育中ですが今日はコマツナの害虫被害についてのおはなし。 コマツナはアブラナ科で害虫がつきやすい野菜です。 ウチではまずキスジノミハムシとい …

ホウレンソウの収穫。。。トウ立ちで花芽が。。。

ほうれん草のトウ立ちの原因は・・・? 4月26日に種まきしたホウレンソウ②回目。6月5日より収穫開始。 栽培日数は40日間で少し遅めの収穫となりました。まだまだ小さい株もあり日数の割には成長が遅かった …





2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829